TSSモバイルソリューション

ハンディターミナル

CN80
最高クラスのスキャンエンジンとCPUを搭載した、高堅牢Androidハンディターミナル

「CN80」外観:23keyモデル
「CN80」外観:40keyモデル
「CN80」バーコードエンジン:EX20
「CN80」バーコードエンジン:N6603ER
「CN80」アクセサリ:予備バッテリーも同時充電可能な充電クレードル
「CN80」外観:23keyモデル
「CN80」外観:40keyモデル
「CN80」バーコードエンジン:EX20
「CN80」バーコードエンジン:N6603ER
「CN80」アクセサリ:予備バッテリーも同時充電可能な充電クレードル

CN80
最高クラスのスキャンエンジンとCPUを搭載した、高堅牢Androidハンディターミナル

Dolphin CN80は最高クラスのスキャンエンジンと高性能CPU、4.2インチの高精彩タッチスクリーンを搭載した高堅牢ハンディーターミナルです。厳しい環境で真価を発揮し、衝撃やほこりなどに対する保護機能を備え、厳しい環境にも耐え得るよう設計されたタフな端末です。また、5,800mAの大容量バッテリーを搭載しているので、フルタイムでの作業を充電不要でサポートします。

  • Android
  • Windows
  • スキャナ
  • カメラ
  • 大容量
  • SIM
  • NFC
  • GPS
  • 消毒対応
  • クレカ対応

特長

業界最長7世代のOSをサポート

Honeywell・Google・Qualcommの3社間の強力なパートナーシップ提携により実現した、独自プラットフォーム「Mobility Edge™」に対応した製品です。ハードウェア・ソフトウェアの両面で業界最長となる7世代のOSをサポートできるので、長期間安定して運用することができます。

用途に合わせて選べる機器ラインナップ

運用用途に合わせて、最大15.2m先のバーコードまで読み取れるオートフォーカスのロングレンジモデル「EX20」と、DPMオプション対応のスタンダードレンジモデル「N6603ER」の2つのバーコードエンジンをラインナップ。また、キーパッドも40key(QWERTY)モデルと23key(numeric)モデルから選択可能です。

DPM対応ハンディーターミナル

DPM対応のスキャンエンジンを選択し、専用オプションをご購入いただくことで、DPMスキャナとしてもご利用いただけます。さまざまなダイレクトパーツマーキングの読み取りに対応しております。

文字判定アルゴリズム「ソロモンOCR」に対応

独自開発の文字検出と文字判定アルゴリズムで、高速・高精度にバーコードスキャナ単体でのOCR読み取りが可能です。

寒さに強い冷凍モデルもラインナップ

冷凍モデルであれば、マイナス30度にもなる過酷な環境下でも正常に動作します。食品の冷凍保管庫などでも安心して利用可能です。

利用シーン・使い方

仕様

OS
Android™ 7.1
CPU
Qualcomm Snapdragon 660 2.2GHz Octa Core Processor
寸法(H×W×D)
N6603ERバージョン:204mm × 78mm × 33.2mm
EX20バージョン:205.3mm × 78mm × 39.7mm
重量
N6603ERバージョン:500g(バッテリー含む)
EX20バージョン:550g(バッテリー含む)
ディスプレイサイズ
4.2インチ
内部メモリ
3GB,4GB RAM/32GB ROM
外部メモリ
microSD™(最大512GB SDXC/SDHC準拠)
バーコードスキャナ
カメラ
NFC
USB
Bluetooth
Bluetooth® ClassII1.5 v5.0 および BLE
WLAN
IEEE® 802.11a/b/g/n/ac
certified 2×2 MIMO 対応
GPS
SIMスロット
オーディオ
マイク
スピーカー
(PTT対応およびBluetooth無線ヘッドセット対応)
バッテリ
通常モデル:5,800mAh
消毒対応
-
動作温度
標準モデル:-20~50℃
冷凍モデル:-30~50℃
動作湿度
0%〜95%(結露なきこと)
耐落下性能(MIL-STD 810G準拠)
2.4m(室温により変動)
環境シーリング加工
IP67
メーカー
Honeywell